MENU

一般利用者向け | 脆弱X症候群

脆弱X症候群の症状、原因、検査について

「脆弱X症候群」とはどのような病気ですか

脆弱X症候群は遺伝性の疾患で、知的障害、自閉症の症状などの症状をもちます。
大きな耳など他の臨床的な特徴も記載されていますが、臨床症状だけで診断することは困難です。

本疾患の頻度は知的障害を示す方の100~200人に1人程度の割合と考えられ、男性の場合は重度の知的障害、女性の場合は無症状か比較的軽い症状をもちます。X連鎖遺伝ですが、女性の方にも軽い症状が出ることがあります。
さらに、家族の中で症状を示す方が1人だけ(孤発例)の例もしばしばあり、遺伝子検査を行わないと見逃すことも多いと考えられます。

脆弱X症候群の原因は何ですか

脆弱X症候群の原因は、X染色体に存在しているFMR1遺伝子(稀にFMR2遺伝子)の異常が明らかになっています(図1)。この遺伝子内の三塩基(CGG)の繰り返し配列が延長することによって病気が発症します。正常よりもやや長い、中間型(45~54回)の繰り返し配列が子孫に受け継がれてゆくうちに次第に延長し、保因者(前変異、55~200回)となると考えられています。
保因者の繰り返し配列が子どもに伝わると、脆弱X症候群(201以上)の患者になります。繰り返し配列が延長することにより、C(シトシン)がメチル化されFMR1遺伝子が働かなくなることが明らかになっています。そのために、脳の神経細胞のシナプスの形に異常が起こり、シナプスが十分に働かないために知的障害がおこると考えられています。

最近、ある神経伝達物質の受容体を抑制するとシナプスの働きがよくなる可能性がショウジョウバエやマウスのモデルで示され、治療法の開発が進んでいます。
しかし、CGG繰り返し配列が延長する機序やFMR1遺伝子の働きは、まだ十分に明らかになっていません。

図1
(図1)

脆弱X症候群の検査

染色体の検査によって診断することもできます(図2)。患者ではX染色体の端が少しだけ欠けていますが、検査に慣れていないと見落とす可能性もあります(赤矢印の部分)。また、患者であっても検査した細胞のほんの一部しか異常がない場合もしばしばあります。

図2
(図2)

さらに、遺伝子の異常があっても染色体検査はまったく正常の例もあります。これは、成人の方の中に比較的多くなる傾向があります。そのために、遺伝子検査の方が確実な診断ができます。我々は、PCR法を用いた比較的簡便な遺伝子検査法を確立しています(図3)。この方法により、確実に診断ができます。また、2017年からは保険診療として医療機関から検査会社へ検査を出すことが可能になっています。

図2
(図2)
図3
(図3)
図3
(図3)

脆弱X症候群の検査

染色体の検査によって診断することもできます(図2)。患者ではX染色体の端が少しだけ欠けていますが、検査に慣れていないと見落とす可能性もあります(赤矢印の部分)。また、患者であっても検査した細胞のほんの一部しか異常がない場合もしばしばあります。